スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

側湾ブログ目次

側湾症で手術した娘の記録です。

こちらは順を追って読めるようトップページとして固定します。

中学での検診

保険について

手術する病院を決める

手術の前に貯血
スポンサーサイト

手術の前に貯血

本当は夏休み中に手術したかったのですが、夏休みどころか半年は予約がビッチリ入っていて到底むりでした。
しかし、ラッキーなことに初診日から約2ヶ月半後に一人分、なんとか押し込んでいただきました。

初診の日はとても若いS先生に診ていただきました。
その病院で有名なU先生は最初に空きを聞いて予約しかななければなか見てもらえないようです。

しかし、若くても心配は要りませんでした。
とても優秀でしっかりされていて十分満足出来ました。

その喋り方から「手術失敗例を見たことがないのでは?」と直感的におもいましたがこれは当たりでK病院では年間150~160件の手術をしているにもかかわらず半身附随などの事故?はゼロということでした

さて、手術前には貯血をしなければなりません。
これは側湾手術に限らず最近は出来るだけするようです。

一回の貯血で400cCとります。
これを4回繰り返します。

400ccなんて多い!!と感じましたが、その後点滴を入れ、増血のための注射もするので案外皆さん平気なようですうちの娘も平気でした
ただし、気分が悪くなる方もやっぱりいます。
貯血日まで市販の鉄剤サプリメントなどを飲んでも良いそうなので初診の時に念のため確認したうえで飲み、血を増やしておくといいかもしれません。
貯血用の針は太いですが、表面麻酔シールを2時間前に貼ってもらうとそれほど痛くないようです。
増血注射は筋肉注射なのでシールが使えません。
これは結構痛いです。
むすめは怯えてましたが注射嫌いでなければ大丈夫な範囲だと思います。
シールについてはどの先生が担当するかで変わってくるかもしれません。

余談ですが、貯血は案外はやくおわります。
点滴の方が時間がかかります。



あと、同日に他の検査などもこなします。

基本的にはこれは日帰りで行いますが、うちは遠方なので泊まりにしてもらいました。
混んでなければ多少の融通はきくようです。

手術する病院を決める

地方都市に住んでいますが、側湾の手術をしてくれる病院はありました。
家からは1時間の国立病院で、院内学校もあります。

でもあえて、ネットで調べた情報を元に関西にあるK病院ですることにしました。

これが大正解!!
こちらでは年間150~160回側湾の手術をするそうです。
しかし、今のところ半身不随などの重大な事故はゼロだそうです。
これは手術前の説明で聞きました。

実はもう手術は終わりました。
大成功でした♪
後に詳しく書きますが、よく調べて手術して本当に良かったです!!

テーマ : 薬・医者・病院等 - ジャンル : 心と身体

保険について1

生協のジュニア1000に入っていました。

生協は地震で被災した時もこのジュニア1000から1万円のお見舞金をいただきました。
うちは津波被害はありませんが建物に少々被害が出ました。まあ、借り上げ社宅なうえ会社からもお見舞金を頂ましたので実害はほぼ無いのですが

多分今回の入院・手術のお金も出ると思います。

合わせて生協の終身に入れるかどうか聞いて見ましたがやはり駄目でした。
告知欄に手術の予定があるか書かねばならず、手術後も2年は駄目なようです。
しかし、完治したという医者の証明書があれば入れるようなので、保険料の安い若いうちから入れようと思っています。


1、中学での検診

受験を終え、やっと希望の学校に通い始めた6月。
突然学校から電話がありました。

「Y子さんは湾症ですので、できるだけ早く専門医にかかってください」

との事でした。

正直言って何が何だかわかりませんでした。 
測湾症ってそんなにたいそうな病気?
娘は元気だし、ずっと続けていた水泳でも困った事は無い。先生達からも何も言われた事は無い。

だいたい、私自身も学校から測湾症でひっかかってしまったけど整体にちょろっとかかって気がついたらレントゲンでも真っ直ぐになっていた。今もヘルパーの仕事をしているけど腰痛一つ無い。

でも娘のは違った。
念のために行ってみたら手術しかないと即言われました。

6年の最後の身体測定でも何も学校から言われなかったぐらいなのに、3月に来た生理まえぐらいからあっというまに進んでいたらしく角度は最大で72度のS字即湾でした。

そう言えば小学校最後の身体測定で身長を測った時、私の身長まであと3センチに迫ってました。
これは、2~3ヶ月の間に抜かれるかな?と、楽しみに待っていましたが一向に越す気配が無い。

変だな……とは思ってましたがまさかこんな事になっていようとは。
正面から見ると意外とわからないもので、こんなに度が進んでいた事にビックリです。

発覚してから色々調べまくりました。
測湾はあまり遺伝率は高くないようで、実際娘のように手術になった親族はいません。
私だけが軽度の測湾でしたが、ごく軽度だったためか成長にしたがって治ってしまいました。

こんな突発的な不幸に私のように戸惑い、情報を求める患者さんやその親も多いと思います。
少しでも他の方たちの助けになればと思います。

ただし、ウチで良くても他で当てはまるかどうかはわかりません。
そこは承知しておいてくださいね。

また、カイロや整体などは効果が無いとされていますが、うちは手術までの短期間ですがやってみようと思います。
結果や料金も書きますが、各ご家庭の判断で良い悪いは判断して下さい。
かえって悪くなる事や、高額の料金がかるかもしれません。
責任は持ちかねます。

では、医学には疎い一主婦の日記という形で週一更新ぐらいを目標に頑張っていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

もしコメントがあってもすぐお返事できない場合がありますのでご了承ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。